ビューティーアドバイザーこと美容部員のお仕事

美容部員とはビューティアドバイザーとも言います。
メインの目的は所属する化粧品の販売ですが、化粧品はただ店舗でお客様が選んで手に取っていただけたものを販売するというものではありません。
ではどういったお仕事なのか?美容部員は主に百貨店やドラッグストアの化粧品売り場で勤務します。
店舗数が多いので勤務場所も多いと言えます。
主な仕事はお客様に自社の化粧品でお客様のメイクアップを行いそれによりその化粧品を購入していただくことです。
そのために必要な資格は特にありませんが、入社後に肌・顔・身体・ヘアーなど美容に関する知識や商品の使用方法・接客方法といった研修を受けますが学ぶことはとても多いそうです。
研修後は先輩美容部員と共に実地訓練となります。
ここで実際にやっていかねばならないお仕事について教えていただきますがこの時点で得るものはあまりなく既に持っているスキルやセンスが必要とされるものが多くて実際に現場に立ってからそのことに気づく方もいらっしゃいます。
どういった方が向いているかというと、何より化粧品が好きで美容に興味があり美意識が高いこと、流行もありますので流行に合わせたお客様の美のサポートはとても重要です。
そのためには自分が手本となりそれをお客様に見せていかねばなりませんから自分もきれいでいなければなりません。
常に研究を怠らずメイクやスキンケアに対する向上心がある方が向いているといえます。
そして接客が好きであることです。
お客様に説明したり実際に使っていただいたり、またお客様の話を聞いてアドバイスすることにより商品を販売するお仕事ですから誰とでもすぐに打ち解けて話せる方が向いているといえます。
また長時間一人のお客様と接することが多く、しゃがんだりする事も多いですが、基本は立ち仕事ですから体力が必要です。
美容部員からステップアップするには売り場の店長やマネージャーまたは独立、また教育部門で後輩の指導といったお仕事へステップアップできます。

Comments are closed.